役者の卵の副業としても!ボーイとして働くメリット・デメリット

ボーイの仕事内容について

ボーイとして働くメリット


ボーイの仕事をすることには、多くのメリットが存在します。
僕も学生時代からボーイの仕事をしてきましたが、ボーイの仕事はお金以上に良い経験を得られた、メリットの恩恵を受けられたと感じています。

そのことから、僕のような元学生ボーイの他にも、副業目的でボーイをしていた方もたくさん。
僕がボーイの仕事をやってよかったと思った理由と交えて、ボーイの仕事のメリットについて3つご紹介します!

昼の時間が使える

ボーイの仕事は基本的に夜の時間帯が中心です。
つまり、お店が営業していない朝昼の時間帯は時間が空いているので、昼の時間帯は自由に過ごすことができます。

特にラウンジやキャバクラは20時ごろオープンのお店が多いので、ボーイの出勤時間はだいたい19時頃。
例えば僕の場合は学生だったので、昼間は学校に通っていました。大学は遅くとも18時には終わるので、そこからお店に直行して余裕を持ってしっかり働くことができます。

その他にも、昼間は他の飲食店で働いているというフリーターの方や、同僚には役者志望の方もいました。昼間はオーディションや稽古にいき、夜は生活費を稼ぐためにボーイのバイト。
そうした生活も、夜に営業しているお店だからこそ実現可能なことですよね。

効率よく稼げる


他のアルバイトよりもスタート時給はやや水準が高く、頑張れば昇給も目指すことができるのがボーイの仕事の魅力です。
そのことから、短時間で効率よく働けるところも、ボーイの仕事の魅力のひとつですよね。

特に学校や本業など、昼間は別の生活を送っている方にとっては、昼間の生活を優先したいというのもとてもよくわかる話です。

その昼の学校や仕事の時間を圧迫することなく十分な給料を稼ぐことができるというのは、ボーイの仕事の大きなメリットだと言えます!

本業としてボーイの仕事をする場合も、営業時間が短いことはもちろん同年代の他の職業の方よりもずっと高い給料を受け取ることも可能です。
ボーイの給料事情については他の記事を参照してみてください。

昇進しやすい

他の仕事に比べるとずっと昇進しやすいことも、ボーイの仕事のメリットです。

アルバイトの場合も昇給しやすく、僕の友人のキャバクラボーイの場合、時給1,500円スタートで時給1,700円になったのはそれから2ヶ月後の話。そこからも頑張って時給を上げて、辞める直前には時給2,200円ほどで働いたそうです。

学生ボーイであっても時給2,000円以上を目指すことは可能。その上、希望すればたった数ヶ月でアルバイトから正社員登用を目指すこともかなり現実的な話なんです!
僕の後から入ってきた正社員ボーイ志望の後輩も、4ヶ月ほどで正社員になって僕の上司になっていました(笑)

正社員になった後も、幹部候補、マネージャーなどの役職に昇進することができ、最終的には店長や経営者まで上り詰めることもできます!

ボーイとして働くデメリット


ただ、ボーイとして働くことにはデメリットも存在します。ここではボーイとして働くことのデメリットについて僕が感じたことをご紹介していこうと思います。
ボーイの仕事に興味を持っている方は、ぜひデメリットについても把握した上でボーイの仕事に挑戦してみてください!

昼夜逆転の生活になる

ボーイの仕事は夜の出勤なので昼の時間を有効活用することができるのはメリットではありますが、逆に言うと夜に働くことになるのでそれだけ睡眠時間が削られます。

そのことから、特に昼に学校や仕事をしている方は、ボーイとしての出勤日数をある程度セーブして昼夜逆転生活にならないように気をつけることが必要です。

また、出勤日も次の日に支障が出ないようにちゃんと睡眠時間を確保する意識が必要不可欠。

僕の場合は、次の日が休みの金曜日や昼から授業の日に合わせてシフトを組むようにしていました。そのように、ボーイの仕事をする場合はシフトや睡眠時間への工夫をすることで、昼夜逆転生活にならないようにカバーしておきましょう。

精神的にキツイ


ボーイの仕事をしていると、正直人の本性というか、悪い面を見ることが多いです。
例えばお店の裏でのキャスト同士のギスギスした人間関係や喧嘩、酔っ払ったお客様やキャストに執拗に迫るお客様など。

そのようなキャストやお客様に対応するのもボーイの仕事ですので、ボーイの仕事をしているとメンタルが強くなると同時に、精神的に滅入りやすくもあります。

逆にメンタルを鍛えたい、メンタルが強いからやっていけそうだという方にはおすすめですが、ある程度の覚悟をしておかないと、精神的なキツさで悩みがちになってしまいます!

僕の場合も、初めてボーイの仕事を辞めようかと本気で悩んだのは、キャストにセクハラをしたお客様を注意して逆ギレされた時です…。

実際に僕が辞めた理由の一つに女性との人間関係があります。

罰金制度がある

キャバクラは非常に給料が良い仕事ですが、それと同時に罰金制度も存在します。
例えば罰金対象になることが多いのが欠勤や遅刻。それらをすると、給料から一定額が引かれてしまいます。ひどいところでは、無断欠勤1回で罰金2万円など。

当然社会人として無断遅刻・無断欠勤は絶対やってはいけないことですが、罰金があるとなるとそこで不安を感じてしまうかもしれません。

また、遅刻・欠勤などだけではなく、多くのお店では同じお店で働くキャスト付き合った場合にも罰金が存在します。これは「風紀」と言って、キャバクラなどでは一般的なシステム。

もし風紀が発覚したら、その時点で罰金100万円程度とクビが言い渡されるお店が多いので、ボーイとして働く場合は、時間と恋愛には十分気をつけましょう。

まとめ

ボーイとして働くことにはメリット・デメリットの両方が存在します。
そのメリットについてまとめるとご覧の通り。
これら両方を把握した上で、ボーイとして働くかどうかよく考えてボーイの仕事に挑戦してみてください!

【ボーイとして働くメリット】
・夜の営業なので昼は学校や仕事など、他のことに時間を充てられる
・給料が良いので短時間で効率よく働くことができる
・昇進・昇給制度が充実しており、頑張りによってはスピード出世も可能

【ボーイとして働くデメリット】
・夜に働くことになるので気をつけないと昼夜逆転生活になってしまう
・お客様やキャストの嫌な部分を見ることになるので精神的にキツい
・遅刻・罰金などに対して罰金制度が用意されているお店が多い