ボーイにお酒の知識はどれくらい必要?

ボーイの仕事内容について

ボーイにお酒の基本的な知識は必要


夜のお店といえばお酒!キャバクラやラウンジ、高級クラブなど、様々な営業形態のお店がありますが、共通してお客様とキャストがお酒を飲む空間であることは想像に難くないでしょう。

ですが、実際のところボーイの仕事をする上でお酒に関する知識が必要なのか、またどれくらいの知識が必要なのか知っていますか?
もちろんお酒について全くの無知ではボーイとしての接客はうまく行きません。

お酒を提供するお店だからこそ、自分のお店で提供しているお酒に関する知識や、その飲み方については最低限必要だと言えるでしょう。

僕もボーイになった当初は成人なりたての頃で、お酒を飲んだことはもちろんお酒に関する知識すらほとんどありませんでした(笑)

ですが、仕事をしていくうちにある程度お酒の知識が必要であることを知ってからはある程度お酒の知識を蓄えられるよう勉強しました。
今ではある程度お酒の種類や飲み方について、人に説明できるくらいには把握できている(つもり)です!

お店に置いてあるお酒は覚えること必須


ですが、お酒についてほとんど知識がない、興味がなかった方にとっては、まずお酒について勉強する上で、何から始めて良いかわからない方もいるかもしれません。
その場合、まず勉強するべき知識は自分の働いているお店で取り扱っているお酒の種類です。

もちろんその時々によって入手することができるお酒の銘柄は異なります。ですが、中には常日頃扱っているお酒も存在します。ハウスボトルとしてどのお酒を提供しているかから知るのも良いでしょう。
そのように、下っ端ボーイでも普段から触れることの多い、またお店で大量に仕入れているお酒の銘柄から覚えていくことから始めてみてください。

そのお酒の種類(ウイスキーかワインか、シャンパンかなど)と名前、ボトルのデザインを結びつけて覚えておくと便利です。それらを覚えたら、次はお酒の飲み方です。
お酒の銘柄だけ知っていても意味がありません。

ボーイはそのお店でお酒を提供する仕事です。例えば、ワインやシャンパンはそのお酒とグラスを用意するだけでOKですが、ウイスキーであればグラスとともに割材や氷も用意しなければいけません。
そのように、お酒はその銘柄や種類によって飲み方が異なることについても覚えていきましょう。

働き始めてからでも間に合う


ただ、お酒に関する知識はお店で働き始める時点で覚えておかなければいけないものではありません。
働き始めてから覚えるのでも十分に間に合います!
僕もお酒に関する知識はボーイとして働き始めてから身につけました。

ボーイの仕事は知識や経験が物を言う仕事で、実際に働きながら慣れて、覚えていくことが必要とされます。未経験の時は周りがしっかりとサポートしてくれるので、最初のうちは知らないことは正直に先輩ボーイに質問しながら、少しずつ知識を身につけていきましょう。

合わせて、一度教えてもらったことは忘れないように、しっかりと復習しておくことも必要です。同じことを何度も質問したり教えてもらうようでは、流石に怒られます!

ボーイは経験や学歴関係なく働くことができますが、働いてからも勉強すること、仕事やそれに関する知識を身につける努力を怠ってはいけません。

まとめ

キャバクラやラウンジなど、夜のお店ではボーイもお酒に関する知識が必要となります。

・オーダーを承るときなどに銘柄を把握しておかなければいけない
・お酒をサーブするときに、そのお酒の飲み方に合った道具を用意しなければいけない
・お酒に関する知識はボーイとして働いてから覚えても十分間に合う!

お酒やその飲み方に関する知識はボーイにとっても必要不可欠です。
ボーイとして働く上で、少しずつお酒に関する知識も覚えていきましょう!

それと合わせて酔っ払ってしまったお客様やキャストに対処できるように、酔っ払った人の介抱の仕方についても覚えておくと便利です。
余裕があれば一緒に介抱方法も知識として頭に入れておいてください!