そろそろ辞めたいと思ったら。ボーイに向いてる転職先

ボーイの仕事内容について

ボーイから転職する前に


ナイトワークを定年まで続けよう、という方はなかなかいません。
世間体や昼夜逆転生活を続ける体力を考えて、どこかで転職を考える方がほとんどです。

ですが、ナイトワークは辞めたいと思っても思うように辞めさせてもらえないかも、辞めると言い出すのが怖い、と思っている方も少なからずいますよね…。
僕も正直、辞めるときは言い出しづらかったです。

ただ、だからと言って退職届だけ置いて飛ぶなんてことはNG!それではお店にも迷惑が掛かってしまいます。そのことから、ボーイの仕事を辞めるときも、当然と言えば当然ですがきちんと手順を踏んで辞めることが大切です。

それと同時に、辞めたあとは転職先を探さなければいけませんよね。
ボーイの仕事経験を活かしつつ転職する道はあるのでしょうか?

実は、ボーイとして働いた経験は多くの仕事で活かすことができ、またボーイ経験を活かして高収入の仕事に就くことも現実的に可能な話。
今回は、ボーイから転職するときの道についてご紹介していこうと思います。

ボーイから経営業に転職


ボーイから転職して高収入ワークに就く場合、経営者という道が挙げられます。
ボーイという仕事をしていたことから、キャバクラやラウンジなどの夜のお店の裏側を知り、またその末端として働いた経験は店舗経営でも活かすことができます。

実際に自分でキャバクラやラウンジなどを経営したり、キャバクラなどを経営するグループ会社の社員として中途採用される道を選ぶ方が多いですね。
特にボーイとしてある程度経験を積んだ方であれば、キャストの付け回しによって人員配置に関する判断力が養われている方も多いです。

そのことから、中には夜とは関係ない業種で経営者の道を選んで成功している、という方も存在します。
店舗経営や運営に関する知識は、ボーイという仕事を通して養われていることが多いので、決してその経験は無駄になることはありません。

ボーイから接客業に転職


また、ボーイは接客業のひとつです。
きっちりとしたビジネスマナーや接客技術を身につけている方が多いので、他の接客業に転職してもやっていける方が多いですね。

ボーイとしてきっちりと身につけた対人技術と接客態度はもちろん、人と接することに慣れていることはどんな接客業でも活かせます。
むしろ、ボーイは接客業の中ではマニュアルがほとんどなく、自分で考えて行動することが必要となってきます。それに対して昼の接客業はマニュアル業務も多く、最初に覚えてしまえばあとは培われた接客技術によってどんどん出世することができるかもしれません。

そうした意味では、ボーイ経験があることは接客業では有利に働く部分が非常に多いです。
特にボーイの仕事で接客業に興味は持ったものの、このまま夜中心の生活を送るのは体力的にきつい、と感じている方は昼勤務の接客業に転職するのもおすすめですね。

アルバイトから始めることはもちろん、正社員として入って安定した収入を得るというのもひとつの選択です。

まとめ

ボーイは一生続けられる仕事とは言えないので、どこかの段階で他の仕事に転職する方は非常に多いです。
学生ボーイの方は、そのまま新卒採用という道を選ぶことが多いですが、本業としてボーイの仕事をしていた方は、以下のような職種を選ぶことが多いです。

・ボーイとして培われた判断力を活かして経営者になる
・接客術が非常に高い方が多く、昼営業の接客業に転職する

特にこれらの職種はボーイとしての経験や技術を活かしやすい仕事として人気が高いです!
ただ、もちろんこれ以外に興味がある業種があるという方は、別でそちらの道を選ぶのもおすすめです。人生は一度きりなので、自分が楽しく働ける仕事を選びましょう!

でもどうせボーイとして働くなら続けられるお店を選びたいですよね。お店の探し方や選び方もまとめたのでチェックしてみてください。