【記憶力が重要】ボーイ・バーテンダーの仕事内容や特徴

ボーイの仕事内容について

ボーイ・バーテンダーの仕事内容・特徴


夜の仕事の中でもバーテンダーの仕事に憧れている方は多いかもしれません。

しっとりとしたバーでお客様のためにカクテルを提供する、そうしたおしゃれなイメージを持っている方が多いでしょう。実はキャバクラにもバーテンダーが在籍しているお店が存在します。

ですが、実はバーテンダーの仕事はとても忙しい体力仕事でもあるんです。
バーテンダーの仕事内容についてまとめると、ご覧の通り。

・カクテルを作ってお客様に提供する
・お酒に合わせたちょっとした料理を作る
・お店によってはお客様の好みも全て覚える

特にバーテンダーの仕事は、小さなバーカウンターを1人〜数人できりもりすることになるので、常に動きっぱなしで非常に忙しい仕事でもあります。

会員制のお店にもなれば、接客の丁寧さやお客様の好みを覚えることも問われます。
そして、必然的に常に立ち仕事ですので体力は消耗します。

これだけではありません。バーテンダーの仕事は非常に奥深く、厳しい世界でもあります。
その中でキャバクラのバーテンダーの仕事は経験を問われることが少なく、未経験から育てようというお店が多いのでバーテンダー志望におすすめ。

実際にキャバクラのバーテンダーから業務を覚え、自分のお店を持ったり、本格的なバーに転職するという方もいます。
このように、バーテンダーの仕事は厳しくはあるもののとても華やかな世界でもあり、今も昔もバーテンダーという仕事に憧れる方は非常に多いです。

バーテンダーに向いてる人


バーテンダーの仕事は楽しい部分は多いものの、同時に厳しく多忙な世界でもあります。
そのことから、バーテンダーの仕事を目指した方の中には道半ばで断念してしまう方も数多く…。

そうなる前に、まずはバーテンダーの仕事に向いている方の特徴についてご紹介いたします。
バーテンダーの仕事は全員にできるほど簡単な仕事ではありません。裏ではかなりの努力を必要とする仕事でもあるので、まずはその仕事の向き不向きを知るところから始めてみてくださいね。

記憶力がいい人

特に小規模なバーカウンターでは、非常に少ない人数のバーテンダーで店の業務を回すことになります。
そのことから、仕事を覚えるのは早いに越したことはありませんし、その仕事を覚えた上で、ひとりで多くの業務を短時間にこなすことが必要となります。

効率よく小さな業務をたくさんこなすためには、まずはその仕事を理解して、自分で順序立てて仕事を行っていく頭の回転の早さと記憶力を必要とします。
また、合わせてバーで提供するカクテルメニューは100を超えるお店も少なくありません。

バーテンダーは必然的にそれらのカクテルは全て覚えることが必要になる上、高級店の場合はお客様によって好みの配分にアレンジして提供するところもあります。

そのことから、バーテンダーとして一流になればなるほど覚えるべきこともどんどん増えていくので、記憶力がいい人はバーテンダーに非常に向いています。

器用な人


カクテルを作るためには様々な器具を使用し、丁寧に1杯ずつドリンクを作っていきます。
中にはバーテンダーとしての高いテクニックが必要なものであったり、お酒の比重を考えて慎重に作らなければいけないカクテルも存在します。

華やかなカクテル作りには高度な技術が必要となってくるので、忙しい業務の中でもそれらのカクテルをサッと作ることができる器用さは必要不可欠。
もちろん不器用であってもそれを上回るだけの努力をすれば問題ありません。

ですが、器用であることがバーテンダーの仕事において有利に働く場面は非常に多いです。

接客が苦手な人

バーテンダーは接客業というイメージがあるかもしれませんが、実は比較的接客におけるスキルはあまり必要とされません。
特にキャバクラのバーではお客様と談笑を交わすことも少なく、言葉を発するのは注文されたカクテルをお客様に提供するときのみ。

バーテンダーの仕事をする上で、言葉たくみな営業能力や会話術は必要不可欠な能力ではなく、無口な方でも十分に務まる仕事です。
むしろ、その無口さが静かで居心地の良い空間を作り出すきっかけにもなるので、接客が苦手、口下手なことが仕事にデメリットに働くことはありません。

接客が苦手だからバーテンダーが務まるか不安…というのは取り越し苦労となる可能性が高いです!

むしろ接客が得意という人には最前線で働けるホールが向いています。

まとめ

以上のように、バーテンダーという仕事は非常に多忙ではあるものの充実感も高い仕事です。
そんなバーテンダーという仕事についてまとめますね。

・1人〜少人数で店を回すので頭の回転が良い人に向いている
・厳しい下積み生活を送ることになる
・業務やレシピを覚えるため、記憶力の高さは有利に働く
・高度なテクニックを要するカクテルもあるので器用な方におすすめ
・接客が苦手でもバーテンダーは務まる!

バーテンダーの仕事は、ボーイなど他のナイトワークやそれ以外の職業と比べてもその雰囲気や業務内容が大きく異なります。そのことから、バーテンダーになるためには相応のスキルや技術を身に着けるための修行が必要となりますが、同時に成功すれば非常に楽しい世界でもあります。

バーテンダーを目指している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!