ボーイが対応する迷惑客とその対処方法

ボーイの仕事内容について

こんな迷惑客がいる


正直な話、夜のお店にはキャバクラ、ラウンジ種類に関わらず様々な迷惑客が来店することもあります。
迷惑客の対応は、キャストも行いますが通常業務でさえストレスが溜まりやすいキャストに迷惑客の対応まで丸投げするのはボーイとしてはNG。

手の掛かる迷惑客の対応については、ボーイが行うことが多いです!
僕もラウンジボーイをしていた時は様々な迷惑客の対応をしてきましたが、どのお客様の対応もすごく大変でした…。

では、実際にどのような迷惑客が存在するのか、ボーイの仕事が気になる方はぜひ知っておいてください!

酔っぱらい

まず多いのが、酔っ払いのお客様です。
特に迷惑客の中でも群を抜いて多いですね…。

キャバクラやラウンジはお客様とキャストがお酒を飲むところで、中にはお酒が弱いお客様や、自分の限度を超えて飲んでしまうお客様もいます。
そのことから、時には酔っ払って暴れたり大声を出すお客様や、テーブルで寝てしまうお客様も。

そうなるとキャストだけでは手に負えないので、ボーイの出番です。
他のお客様の迷惑にならないように、酔っ払いのお客様に対応することでことを穏便に済ませます。また、中にはラウンジやキャバクラを二次会や三次会に利用する方もいて、来店した時点ですでにベロベロに酔っ払ってしまっているお客様も。

そうしたお客様の場合は、席に通しても迷惑客になる可能性が非常に高い上、接客してもキャストがストレスを溜めるだけですので、席に通さずにお帰りいただきます。

無駄にこだわりが強い


また、無駄にこだわりが強いお客様もいます。無駄に(笑)
例えばボーイやキャストの接客にあれこれ文句を付けたり、好みのキャストを付けてもらえないとクレームを入れるなど、様々。
自分なりのこだわりをはっきりと主張するお客様も存在し、そうしたお客様はボーイもキャストも非常にストレスが溜まりやすいです。

こだわりの強いお客様は特に年配のお客様に多く、「昔のお店はこうだった、こんなサービスをしてくれた」や、「こんな時はこうしないとダメだろう」などが多いですね。

お客様としては、「自分がこのお店を正しく導いている、自分が指導している」と思い込んで注意をすることを楽しんでいる方が多いのが困りものですね…。

そこで言い返すとさらに怒鳴り散らしたり、怒りや主張がヒートアップしてしまうのでうまく対処することが必要です。

禁止されてるお触りをする

基本的にキャバクラではお触り禁止です。
もちろんキャストはサービスの一環として、多少のスキンシップをしますが、お客様の方からキャストにベタベタ触るのはNG。ですが、お酒も入っているからか禁止されているお触りを執拗に行うお客様も存在し、その場合はボーイが止めに入ります。

ですが、ただ注意するだけでは「お前には関係ない」「俺は今この娘と話しているんだ」と聞く耳を持ちません。

ですが、お触りについては禁止を徹底しないと、「このお店はお触りOK」という噂が広がったり、その席を見た他の席のお客様もお触りをしたりと、伝染していきます。
ですので、自分の担当する席のお客様があまりにもひどいお触りをするようになったら、早いうちに対策を取ることが必要になってくるんです。

うまくお客様をコントロールしてお触りを防ぎましょう。

迷惑客の対処方法


以上のように、どこのお店でも迷惑客は存在します。
それらのお客様にはボーイが正しく対処することが必要となってきますが、その「正しい対処」の方法はそれぞれの迷惑客により異なります。

ですが、実はお客様の心理をうまく利用することで、うまく対処する方法があるので、ここでは僕が実際に行なっていた迷惑客への対処法をご覧ください!

酔っぱらい客の対処

酔っ払いのお客様は、アルコールによって判断能力が低下しています。
そのことから、いくら言葉で注意しても対処のしようがない場合が多い上、もし眠ってしまったらテーブルをひとつ占拠することになってしまいます。

多くのキャバクラでは酔っ払ったお客様やキャストのための薬などを控え室に用意していることがほとんどなので、まずは場所を移動しましょう。
酔っ払ったお客様は他のお客様から見ても気持ちの良いものではありません。

まだ意識があるうちにお客様を補助しながら控え室などに運んで、薬や水を用意して介抱しましょう。
また、酔っ払って暴れようとするお客様の場合も、場所を移動することで冷静になる傾向があり、控え室に連れて行く、というのは酔い覚ましの意味でも効果的です。

こだわりが強い客の対処


こだわりが強いお客様は、反論するとさらに強こだわりを主張します。

そのことから、お客様に「このお店のキャストやボーイは自分の思い通りに動いている」と思わせましょう。もし接客などでこだわりを主張してきたら「勉強になります」と会釈して、その通りに行いましょう。

ただ、こだわりを全て聞き入れていると気が滅入ってしまうので、お客様の視界に入る部分だけ要望通りに、視界に入らない部分ではうまく手を抜きましょう。
時には上手に手を抜くことも、ボーイとして迷惑客を対処する上で非常に大切なところです。

お触りする客の対処

キャストに対して執拗にお触りをするお客様の場合は、最初は注意です。
「当店では禁止と定められていますので」など、お店のルールを盾にすると良いでしょう。

キャストの中にはお触りするお客様に慣れており、自分で対処できる方もいるので、キャストの様子をよく見て、本気で困っている場合にそう対処するのがおすすめです。
下手に自分が手を出して状況が深刻化しては元も子もありません。

そして、注意しても「バレなければOK」というスタンスでスタッフの視界が入らない時にお触りをしようとする迷惑客も存在します。
この場合、悪いことだとお客様も自覚しているということなので、近くに立って見張るようにしましょう。近くに立つだけでも「マークされている」「見張られている」という意識がお客様の中に芽生えます。

そうすることで、お触りを抑止することができますよ。

解決しない場合は・・・


ただ、お客様の中にはこれらの対処法を使っただけでは解決しない場合もあります。
夜のお店は人の感情がむき出しになるところ、というのは言い得て妙ですね…。

トラブルが長期戦になればストレスになりますし、売上にもなりません。
どうしても解決しない場合は、他の人の力を借りるのが一番です。

まず手段として挙げられるのがそのお客様を出禁にする方法。
もちろんヒラのボーイの独断でお客様を出禁にすることはできませんので、店長や先輩のボーイと相談しながら、やむを得ない場合は出禁という手段を取りましょう。

また、酔っ払って暴力行為や店内の破壊行為に走ろうとしたり、他のお客様の迷惑になるレベルで怒鳴り散らすようであれば、スタッフだけでは手に負えません。
その場合は警察に通報して取り押さえてもらうのも手段のひとつです。警察に法に則った手段で解決してもらいましょう。

通報する場合も、一言店長や先輩ボーイに相談しておくことをおすすめします!

まとめ

夜のお店には時に迷惑客も来店し、その迷惑客の対処はボーイが行うこととなります。
最後に、お店に来店することが多い迷惑客のパターンと、その対処法について軽くまとめます。

・酔っ払い客:場所を変えてしっかりと様子を見つつ介抱する
・こだわりの強い客:ことを荒立てないよう要望通りにしつつ、上手に手を抜く
・お触りをする客:近くに立って見張りつつ、キャストが困っているようであれば注意

以上のように、「迷惑客」と言っても様々な種類があり、そのお客様に対してボーイは臨機応変に対応しなければいけません。

迷惑客は来ないに越したことはありませんが、その対処法を知っておくことはとても大切です!また、お店によっても明確に対処法が定められている場合もあるので、これらの対処法と合わせてお店独自の対処法もしっかりと把握しておきましょう。